包茎治療にかかる費用

包茎に悩んでいる方の多くが、最終的にはメンズクリニックなどで手術を選択されると思います。
その際には治療実績の豊富さや医師などの技術などを重視して、クリニック選びをされることと思います。
しかしながら治療には当然費用もかかりますので、出来るだけ治療費の安いところで手術などを受けたいですよね。
この際の費用ですがそれは症状によっても大きく変わってきます。
仮性の方は残念ながら多くの場合に健康保険が利用出来ないので、実費払いが必要です。
その料金はクリニックでも大きく変わってきますが、7〜15万円くらいでしょう。
クリニックによっては学割やウェブ割引のようなものもあるので、こうした特典を活用するとお得に治療出来ます。
真性やカントンの方は健康保険を利用出来ます。
そうなれば3割負担ですので、2〜4,5万円程度で克服出来ます。
包茎の治療は早ければ早いほど良いので、口コミやランキングサイトなどを活用して、自分に合ったクリニック探しをすると良いでしょう。

Categories: 包茎とは Tags:

包茎手術のあり方などの概要です

包茎手術には、健康保険が適応されるものがあります。
適応されないのは、仮性の場合だと考えて良いでしょう。
その場合、費用は全額負担しなければなりません。
金額や費用は各医院によって変わりますが、おおよそ10万円~数十万円となってますから、そのための予算はしっかりと組んでおいた方が良いでしょう。
そして、保健が適応されるものは、カントン型・真性型となります。
ところが、術式によっては保健適応外となってしまう場合があるんです。
ですから、適応範囲というのはバラツキがあるので、初めて診察を受ける時に費用がどうなるのか、医師へ確認しなければなりません。
また、手術はほぼ30分~40分ほどで終了します。
始めに局所麻酔を包皮へ施してから、包皮の一番狭い部位を環状に切除するんです。
切除し終えたら10~20箇所ほどを縫合して、術後は2~3時間ほど休ませられます。
しかし、直ぐに家へ帰りたいならば、そうすることも出来るようになってるんです。

Categories: 包茎とは Tags:

仮性包茎でEDになる?

仮性包茎が原因でEDになるという話が聞かれていますが、これはウソではありません。
男性はデリケートな生き物です。
包茎にコンプレックスを感じてしまい、ペニスが勃たなくなることがあります。
これは心因性のEDに該当します。
身体には何も問題がなくても、包茎にコンプレックスを感じてしまうと、勃たなくなってしまうのです。
女性が思っている以上に男性の心は繊細なのです。
心因性のEDは、文字どおりストレス性のものです。
仮性包茎が原因ならば、治療することでEDを治すことができます。
包茎が治ると持続時間も長くなりますから、さらに自信を持てるようになります。
EDは加齢によってリスクが高まりますが、20代でもなることは多いのです。
特に心因性の症状が多いため、コンプレックスやストレスがある場合は早めに解消しておくことです。
心因性のEDは悪循環に陥りやすいのです。
勃たないことがコンプレックスとなり、さらなるEDを引き起こすのです。
若いうちに仮性包茎の治療をしておいて損はありません。

Categories: 仮性包茎について Tags: