仮性包茎について知ろう

仮性包茎とは、通常時は亀頭に皮がかぶったままの状態になっているのですが、場合によっては包皮がめくれて亀頭が露出する状態の事を言います。
真性包茎の様に包皮がめくれないとかではないし、また、カントン包茎の様に無理をすれば亀頭は出ても、包皮口が狭すぎて元に戻すことが出来ずうっ血してしまう、なんていう状態でもありません。
程度によって違いはありますが、大体の場合は包皮は簡単に剥く事が出来るし、また向いた包皮はちゃんと元に戻す事が出来る状態の事を言います。
見た目の問題はあっても、本人にとってはそれによって生活に支障を来すわけではない場合が多いので、それを治療する人は余り多くはありません。
また、手術で治す場合も、その状態に関しては保険を使うことはできないので、手術をする場合は全額自費で行う必要があります。
ただ、仮性包茎は様々な状態があるので、衛生面で、また見た目の面で何か問題がある場合は、治療するのもお勧めです。

Categories: 仮性包茎について Tags: