少なそうで多い

仮性包茎は少なそうで多い症状なのです。
銭湯に行くと、みんな立派なペニスに見えます。
しっかりと亀頭が露出している方が多いのです。
しかし、これには裏があります。
もともと亀頭が露出しているわけではなく、入浴前にむいておくのです。
男性の多くは、包茎であることにはコンプレックスを持っています。
仲間同士の入浴ならば、ペニスを隠しすぎるのも違和感があるものです。
そこで、包皮をむいてから入浴するわけです。
仮性包茎人口は実は非常に多いのです。
日本人の実に6割とも言われています。
包茎の治療は、症状の度合いに関係なく行ったほうがいいです。
亀頭包皮炎の原因となるからです。
この症状が何度も続くと、亀頭と包皮が癒着してしまう可能性があります。
その結果、包皮がさらに狭くなってしまい、手でむくことが難しくなるのです。
どんな軽症の包茎といえども、正常なペニスと比べて亀頭包皮炎のリスクは高くなりますから、なるべく早期に治療したほうがいいのです。

Categories: 仮性包茎について Tags: