ポピュラーな症状

仮性包茎は日本人にとって非常にポピュラーな症状です。
約6割の方に見られるものです。
日本は諸外国と比べて包茎人口が非常に多いのですが、これは包茎手術が一般的ではないためです。
アメリカでは幼児のころに治療を開始するのです。
日本は子どものうちに治療するケースは非常に少ないため、仮性包茎のまま大人になってしまうのです。
大人になると身体がこれ以上成長することはありませんから、包茎が自然と治ることはないのです。
銭湯にでも行かなければ、男性が他人のペニスを見ることはないでしょう。
それゆえ、包茎人口が多いという現状は知りません。
特別な症状であると考えているため、コンプレックスを強く感じてしまうのです。
真性包茎に関しては少数派ですが、仮性包茎はむしろ正常なペニスよりも多いです。
コンプレックスを感じる必要はありませんが、ペニスに異常を感じやすい方は治療したほうがいいと言えます。
ペニスの異常は年齢を重ねるほど多くなります。
免疫力が低下していくからです。

Categories: 仮性包茎について Tags: