仮性包茎を自分で矯正するには?

軽い仮性包茎ならば、自分で矯正することも可能です。
なるべく長い時間、包皮をむいておく習慣をつけるのです。
入浴時は包皮をむいて、しっかりと亀頭を洗浄してください。
就寝前にもむいておくといいでしょう。
寝ている間ならば、多少の痛みには気づかないので問題ありません。
パンツを選ぶときは、固定性のあるものにしてください。
包皮をむいても、すぐに戻ってしまうのでは面倒です。
すぐに包皮が戻ってしまうならば、矯正グッズを使用するといいでしょう。
ただ、矯正グッズについては、実際に使ってみないと効果は分かりませんし、包茎の症状によって相性もあります。
自慰をするときも、包皮をむきましょう。
仮性包茎の状態で自慰をすると、矯正することができません。
ただ、包皮をむいて自慰をすると、筋に傷がついて痛むこともあるので、慣れるまでは弱い力で行うようにしましょう。
最初は無理をせずに行い、慣れるにしたがって力を強くしていくといいでしょう。

Categories: 治す Tags: