仮性包茎は治したほうがよい?

仮性包茎を治すかどうかは、症状の程度によって決めることになります。
日本人の半数以上に見られる症状ですから、めずらしいものではありません。
ただ、不衛生な状態には違いありませんから、治したほうがいいのは確かです。
治療の判断基準としては、常にむいた状態にしておいて問題があるかどうかです。
ペニスの状態(正常時・勃起時)に関係なく、まったく痛みを感じないのであれば、特に治療の必要性はないでしょう。
しかし、正常時はむいても痛くないけど、勃起すると包皮が引っ張られて痛いのであれば、治療したほうがいいのです。
この判断は人によっても変わってくるため、一概に治療したほうがいいとは言い切れません。
判断に迷っているのであれば、いちど医師に相談してみるといいでしょう。
仮性包茎の症状もいろいろです。
真性包茎やカントン包茎に近いならば、治したほうが快適な生活を送れます。
将来的に介護を受ける可能性も考えれば、治療したほうが安心でしょう。

Categories: 治す Tags: