仮性包茎を治したい。

私は仮性包茎歴40年の大ベテランです。
高校生の頃、もしかして包茎かも知れないと思ったのが最初です。
そのころは、多分真性包茎だったと思います。
大学生の頃、根気よく毎日包皮を剥き続けて、ついに仮性包茎にまでなりました。
自慢できることではありませんが、それ以降仮性包茎で何の支障もなく、それを治すということも全く考えませんでした。
しかし、その間温泉やトイレで、陰茎が人目につくかもしれない時は、手でむいておきます。
しかしあるとき、胃潰瘍で入院して手術をした時、手術の為に尿道に管を入れなければなりませんでした。
その寸前に、手で皮をむいたのですが、緊張の為か、看護師さんには包茎がばれてしまいました。
恥ずかしいことこの上ありませんでした、家内は知っていますが、それ以外の女性に見られてしまったのです。
それ以降、胃潰瘍はよくなったのですが、包茎については、今後介護などの時も包茎を見られてしまいます。
思い切って手術しようと思っています

Categories: デメリット Tags: