仮性包茎の治し方

包茎には仮性・真性・カントンの3種類ありますが、日本の成人男性の半数以上は仮性包茎であるとされています。
真性・カントン包茎とは違い衛生面に問題があるわけでもないですが、見た目にコンプレックスを感じているといった理由から治療を希望する方が後を絶ちません。
仮性包茎の治療法にはいくつか挙げられますが、男性専門のクリニックで手術を受けることが一般的ではないでしょうか。
包茎手術は医師の技術力で決まると言っても過言ではないため、実績や評判を重視しながら自分の包茎の状態に合わせて最適な手術を選択してくれるクリニックを受診することが求められます。
仮性包茎を始めとするあらゆる包茎手術に強いクリニックの探し方としては、インターネット上のクリニック比較サイトを利用することで効率よく情報収集が可能になります。
実績や医師の技術力、評判など重要なポイントが比較しやすく、実際に包茎手術を受けた方の口コミも掲載されているので是非参考にしましょう。

Categories: 治す Tags:

仮性包茎の治療を受けたい方にアドバイスしてみました。

男性の方は、包茎で悩んでいる方が多いと言われていますが、そのほとんどは仮性包茎だと言われています。
自分で、陰茎から亀頭を露出させることが出来ますが、放置しておくと、すぐに皮が被ってしまうなどの悩みを持たれている方が多いです。
女性との性行為にも、支障がない場合も多いので、必ずしも包茎手術が必要だというわけではありませんが、見た目を気にして包茎手術を受けたいと希望されている男性の方が多いです。
経験と実績が豊富な信頼できるクリニックを選ぶようにすることが大切です。
他の患者と顔を合わせなくて済むように配慮されていますし、プライバシーも厳守してもらうことが出来るので、安心することが出来ます。
手術中の痛みを不安に感じている方が多いですが、麻酔をしてもらうことが出来るので、手術中はほとんど痛みを感じずに済みます。
真性包茎やカントン包茎とは違って、保険適用の治療を受けることが出来ませんが、治療を受けることで自信が持てるようになります。

Categories: 仮性包茎について Tags:

仮性包茎の治療について

下半身の悩みでは特に包茎は多い症状ですが、包茎といってもそれぞれ症状には差があるものです。
そして特に多い症状に仮性包茎があり、包茎の中でも特に軽いものとされています。
そして仮性包茎の場合は特に治療を必要としないことも少なくありません。
衛生面でも丁寧に洗えば特に問題ないですし、性行為にも特に支障がないということも多いようです。
でも、機能には問題がなくても、より清潔にしたい、より見た目を良くしたいと治療を希望される方もまた少なくないものです。
矯正器具などを利用する方もいらっしゃるようですが、間違った方法で悪化させてしまわないよう気をつけたいものです。
治療が必要な症状かどうなのかは自分で判断するのは難しいので、治療を検討されている場合はまずは医師に相談してみて判断してもらうのがおすすめです。
治療では手術が行われることとなりますが、真性包茎のように保険適用はされませんので、仮性包茎の方の場合は自由診療での治療を選ぶこととなります。

Categories: 治す Tags: